チランゴのメキシコ語り

メキシコからお役立ち情報、趣味に関するあれこれを垂れ流します。仕事1:好きなこと9くらいの情熱で生きています。

MENU

オアハカのおすすめツアー!イエルベエルアグアとミトラ遺跡他

オアハカ州(Estado de Oaxaca)に旅行したときに参加したツアーがボリュームたっぷりで満足度が高かったです。これからオアハカに行かれる方、オアハカ旅行を検討している方にぜひ紹介させてください。

f:id:chilangogo:20180917083215j:plain

 

 

オアハカ州ってどんな州?

州の人口約400万人に対し30%以上が先住民系と言われており、隣のチアパス州と並んでメキシコで先住民系が最も多い州として知られています。

カラフルでお洒落な町並みの州都オアハカからは先住民の暮らす村や世界遺産に登録されている遺跡へのアクセスも良く、メキシコの古代文化を存分に感じられる州です。

f:id:chilangogo:20180622102242j:plain

余談ですが、私の友人知人の日本人でオアハカに行ってつまらなかったという人にはまだ会ったことがありません。

 

ボリューム満点のツアー概要

滝が石化したような景観が圧巻なイエルベエルアグア(Hierve el agua)と世界遺産のミトラ遺跡(Mitla)に加え、ギネスブックで世界一の太い木に認定されているエルトゥーレの木(Árbol del Tule)、機織り工房、メスカル工場を一日で周る、ボリューム満点のツアーです。

目玉はイエルベエルアグアとミトラ遺跡の二つでしょうか。

 

ツアーはオアハカの中心地に点在する旅行代理店で予約申し込みができます。私は以下の場所で申し込み、値段200ペソ(≒1,200円)でした※

※昼食、入場料別

他の旅行代理店も値段はほとんど変わらないと思います。

 

オアハカ発のおすすめツアー当日の流れ

当日は朝10:00にツアー会社前に集合です。が、もしホテルが街の中心地に近くにあればホテルまでピックアップに来てくれます。

f:id:chilangogo:20180622093452j:plain

少し揺れる道もあるので、車酔いしやすい方は薬を飲むand/or前の方の席に座ることをおすすめします。

 

私が参加したときは他にメキシコ人のグループが4組ほどいました。スペイン語ガイドのもと、車内でお互いに軽い自己紹介をしていると20分ほどでエルトゥーレの木に到着です。

f:id:chilangogo:20180622093648j:plain

f:id:chilangogo:20180622093656j:plain

正確には測れないそうですが、樹齢は約2,500年とのこと。高さは42mで、円周が36mとラテンアメリカ最太。柵の中に入るには10ペソ(≒60円)かかり、中では子供たちがガイドとして待ち構えています。私を含めてツアー参加者は中には入らず、外から写真を撮ってブラブラしていました。

 

次は1時間20分ほどバンで走り、イエルベエルアグアに到着です。

f:id:chilangogo:20180622094302j:plain

「夕方には雨が降って来そうなのでこのプランで行く」とガイドが言っていたので、乾季だと回る順番が違うかもしれません。ここはメキシコに来る前から行きたかった場所なので、個人的にはこのツアーのピークでした。

f:id:chilangogo:20180622094408j:plain

早速水着に着替えて湧き水にダイブしましたが、曇りだったこともあってか凍えるほど冷たかったです。入る前に想像しろと

そのときいた観光客100人くらいに対し、泳いでいる人は4~5人ほど。ただ、少し経つと身体も慣れて来るもので、自由時間の1時間はほぼ水に浸かっていました。満足です。

 

ここでようやく昼ごはんかと思ったのですが、次の目的地はミトラ遺跡40分ほどで着きます。

f:id:chilangogo:20180622094748j:plain

ミトラ遺跡自体は思ったより小さく、個人的にはあまり印象に残りませんでした..その前にチアパス州のパレンケやユカタン州のチチェン・イッツァなど、メキシコを代表する遺跡に行っていたからかもしれません。

ちなみに遺跡近くには露店があり、ピアスや民族刺繍の衣類など結構安かったです。

 

その後は20分ほどでようやく昼食会場に。このとき既に15:30くらいでした。ビュッフェ形式の料理をかっ食らいます。

f:id:chilangogo:20180622095158j:plain

一人当たり180ペソ(≒1080円)と観光客プライスでしたが、写真のモレを中心においしかったです。

 

昼食を食べた後は30分ほどバンで走り、先住民の刺繍工房へ移動。色染めに使う自然染料や、機織りを見せてくれます。

f:id:chilangogo:20180622095343j:plain

f:id:chilangogo:20180622095417j:plain

その後は併設の売店でお土産を買う時間に。手間と時間がかかっているのは分かりますが、正直なところできあがりのクオリティと値段が合っていないと感じました。民族刺繍の土産物を買うなら市内の方が良いと思います。

 

最後の目的地は、20分ほど走ったところにあるメスカル工場メスカルはメキシコ特産の蒸留酒で製造工程はテキーラと変わらないのですが、テキーラと呼ぶことが許されるのはハリスコ州で作られたものだけなので、オアハカ州をはじめ他の州で作る場合はメスカルと呼びます。シャンパンとスパークリングワインみたいなものですね。

ちなみにテキーラ産地のハリスコ州は、「同じ国で何でこんなに違うんだ!」というくらい美人が多い州で、行くとたまげます。

 

メスカル工場では製造工程の説明を聞いた後に各種メスカルの試飲ができます。相当な種類のメスカルが試飲できるので、お酒が好きならここがツアーのハイライトとなるでしょうか。

f:id:chilangogo:20180622100043j:plain

f:id:chilangogo:20180622100054j:plain

 

メスカル工場の後はようやく市内へ帰ります。爆睡していたので正確には分かりませんが、帰りは1時間と少し、ホテルに着いたのは19:00くらいでした。

 

おわりに

今回紹介したツアーは、多くの見どころを回ってくれるのでおすすめです。またオアハカは他にも、モンテアルバン遺跡や先住民の村など魅力的なスポットがたくさんあるのでぜひ時間を取って滞在してみてください。

 

www.chilango-taco.com

www.chilango-taco.com

 

おしまい