チランゴのメキシコ語り

メキシコからお役立ち情報、趣味に関するあれこれを垂れ流します。仕事1:好きなこと9くらいの情熱で生きています。

MENU

【メキシコ学校紹介】Tierras Mayas@サンクリストバルデラスカサス

f:id:chilangogo:20181014061202j:plain

先日、普段通っている学校のセメスター休みを利用してチアパス州にあるスペイン語学校Tierras Mayas(ティエラス マヤス)に一週間だけ通いました。

メキシコのスペイン語学校に関する情報は多くないので、今回紹介していきます。

 

授業の質もさることながらTierras Mayasのインディアンの先生方にはチアパス州の歴史や現状など本当に多くを教わり、心に残る滞在となりました。

 

サンクリストバルデラスカサスの語学学校Tierras Mayas

学校はメキシコ最南端、グアテマラと国境を接するチアパス州のサンクリストバルデラスカサス(San Cristobal de Las Casas:以下サンクリストバル)という街に位置しています。

f:id:chilangogo:20180528053501j:plain

f:id:chilangogo:20180528053446j:plain
ヨーロッパを彷彿とさせるような石畳の街並みで、歩いていて楽しかったです。

 

ちなみにチアパス州はメキシコで最も貧しい州である他、オアハカ州と並び先住民が多い州です。サンクリストバル近郊にも先住民の村が多く点在しています。 

学校は小高い丘を登る途中にあり、黄色い壁画が目立つので見落とすことはまずありません。

 

Tierras Mayas - Spanish Language School in San Cristobal de las Casas, Chiapas.

 


授業は全てマンツーマンです。中庭を囲む形で教室やテラス席が全部で10カ所ほどあり、空いていれば好きな場所で授業できます。私は大体外のテラスか、外が見える場所を選んでいました。

 

私が通っていた時にはアメリカ人の神父とその家族が4組と、ニュージーランド人の男性が1名いました。日本人もまれに来るとのことです。 

 

学校に入るとすぐ共同スペースがあり、そこが先生と生徒の団らんの場です。また、チアパス州はコーヒーの産地としても有名なのですが、共同スペースではチアパス産コーヒーが飲み放題です。

また、毎週金曜日の昼にはこのスペースで軽食がふるまわれます。先生も生徒も感じが良く、とてもアットホームな雰囲気でした。

f:id:chilangogo:20180528053852j:plain 

Tierras Mayas目印の黄色い壁画と校長兼講師のRomeo

 

f:id:chilangogo:20180528060107j:plain 
中庭の眺め

 

f:id:chilangogo:20180528060113j:plain
共同スペース

 

スペイン語学校Tierras Mayasの授業内容

私が取っていた授業のスケジュールは以下の通りです。

9:00-10:20 会話
10:40-12:00 文法
12:20-14:00 チアパス州の歴史

先述の通り全てマンツーマンで、授業ごとに先生は違いました。基本は9:00-12:00で授業が終わりますが、私はチアパス州と先住民の歴史の授業を追加で取っていました。

最新の情報は公式サイト確認頂ければと思いますが、費用は一週間でUS$340でした。

 

授業は特に指定の教科書はなく、講師と相談して内容を決めていきます。

私の場合、会話と文法のクラスでは今まで習ったスペイン語、特に接続法の復習をしたいことを伝えました。

Tierras Mayasや講師が持つ教材を活用しつつ接続法を重点的に復習でき、質も高く満足でした。

ちなみに講師は英語も大体話せるので、スペイン語で何と言えば良いかわからなければ英語での質問も可能です

 

チアパス、先住民の歴史に関する勉強と自分の無知

一番印象に残っていることです。

先住民の歩んできた歴史、先住民の土地を取り戻す為に生まれたサパティスタ民族解放軍(Ejército Zapatista de Liberación, 略称EZLN)、メキシコ政府の不誠実な対応の数々など、メキシコ、チアパス州の抱える根深い問題について自分は何も知らなかったと思い知らされました。

 

特に、校長のRomeoが持っているサパティスタに関するビデオはTierras Mayasで勉強する機会があれば是非視聴頂きたいです(英語字幕付き)。

タイトルを聞けばよかったのですが失念してしまい分からず..

2時間ほどのビデオですが、先住民達がいかにメキシコ政府と戦ってきたか、メキシコ政府がいかに彼らをえげつないやり方で封じ込めてきたか鮮明に描写されています。

 

校長のRomeoはじめ先生はインディアンがほとんどなのですが、勉強した後、またRomeoの話を聞いた後にTierras Mayas(マヤ=先住民の土地)という学校の名前に込められた意味を考えるとこみ上げてくるものがあります。

 

また、深く物事を考えている人や考えさせられる情報はインターネットだけで出会えるものではないと、当たり前のことに改めて気づかされました。

 

おわりに

サンクリストバル、Tierras Mayasで過ごした一週間は私がメキシコに来てから最も濃密で考えさせられる一週間でした。語学学校に通いながらのんびり過ごすはずだった自分自身が、まさかの収穫に一番驚いています。

Tierras Mayasの紹介として記事を書きましたが、私が最も伝えたかったのはチアパス州や先住民が今置かれている現状、腐敗した政治に少しでも興味を持って欲しいという点です。

 

Tierras Mayasのみならず、サンクリストバルという街もその近郊も見所が沢山あって楽しめる街なので機会があれば訪れてみてください。

 

www.chilango-taco.com

www.chilango-taco.com

 

おしまい