チランゴのメキシコ語り

メキシコからお役立ち情報、趣味に関するあれこれを垂れ流します。仕事1:好きなこと9くらいの情熱で生きています。

MENU

【レビュー】お金は寝かせて増やしなさい 水瀬ケンイチ著

自分の頭の整理も兼ねて、読んだ本の中で印象に残ったものを紹介したいと思います。

 

今回は、2017年末に発売されて以来、インデックス投資の入門書として評判が良い水瀬ケンイチ著お金は寝かせて増やしなさい」を紹介します。

 

 

「お金は寝かせて増やしなさい」購入のきっかけ

きっかけは友人に勧められた著者のブログにハマったから。

なのですが、実は入社2年目に

「か、金が貯まらねえああああああああああ!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュ!!!ブツチチブブブチチチブリリイリブブブゥゥゥッッ!!! )」

と苦しんでいた頃に別の投資信託の入門書を読んでから、既にインデックス投資の積み立ては始めていました。

金が貯まらない→投資信託(?)という考えのプロセスは謎ですが、よく分からないなりにインデックス投資を始めてくれていた当時の自分に今では感謝です。

 

積み立てはしていたものの、マイページで評価額を見ることもなく、年に一回のリバランス(資産配分の調整)もせずこれまでほったらかしにしていました。

 

ところが最近、メキシコで出会った友人とたまたまお金の話になったときに、教えてもらった一つが水瀬ケンイチ氏のブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)」でした。

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

 

「自分のようなペーペーでも分かりやすいなー」

と思いながらブログを読んでいると、同氏が最近インデックス投資に関する入門書を出版しているではありませんか!これは一から学び直したい!と思い購入に至りました。

 

書籍のレビュー

「投資を通じて資産を増やしたい!」そう思ったときに、

 

  • なぜインデックス投資なのか
  • 中でもどういった資産配分の商品を買うのが自分にとって最良か

 

について自分の言葉で説明できるようになるのが、本書を読み終えたときの一つのゴールかと思います。

もっとも二点目は本書に明確な答えがある訳ではなく、内容を理解した上で自分で考えて決めなければならないので、人によって違って然るべきですが。

 

しっかりと内容を理解しながら読めば、それだけ多くが自分のものになります。

そして肝心の内容はとても分かりやすく、ページ数も比較的少ないのですらすら読めます。

 

本書の中で印象に残っていることをつらつら書きますので、興味が出たらぜひ手に取ってみてください。

 

インデックス投資を始める前にすべきこととは

「お、インデックス投資は資産を増やすのに良さそうだ。早速やってみよう!」

 

という前に自身の家計状況の把握当面の生活資金の確保を行うべきと言及されています。

業者や証券会社勤めの会社員が出すような本と異なり、同じ個人投資家の目線でおさえておくべき点にちゃんと触れられている点に好感が持てます。

 

ちなみに当面の生活資金について(本書では生活防衛資金という言葉が使われていますが)著者はかなり安全サイドに見ている方だと思われます。

ここは意見が分かれるところなので、本書の内容も踏まえて最後は自分で判断するようにしましょう。

 

耐えられる最大損失額をベースに、資産配分を

「いくら儲けたい!いくら儲けられそうだからこうする!」

とは逆の発想で、

  • リスク(将来の不確実性)を理解した上で、いくらまでは損失に耐えられるか考える。
  • その上で投資成果を大きく左右する資産配分をどうするか決める。

 

本書の肝となるパートだと思います。

「起こるとは思いたくはないけど、常に悪いケースを想定して動いておこう」

いう、投資においては可能な限り安全サイドで考えようという本書を通してのメッセージが伝わってきます。

 

お金以外のインデックス投資のメリットは何か

手間のかからなさにおいては恐らくインデックス投資の右にでるものはないと言及されています。

この点、著者自身が大病で会社を休まざるを得なかった際にチャートがどう、決算短信の読み残しがどうとか労力を伴う投資どころではなかったことなど具体例が出されていて、納得しやすいです。

また、手間のかからなさに関連し「普通の個人が投資なんかのために使う時間なんか短ければ短いほどいい」「QOL(Quality Of Life)を大切に」という著者の考えが提示されています。受け取り方は人それぞれかもしれませんが、私は深く共感しました。

 

その他つみたてNISAiDeCo(個人型確定拠出年金)についても情報がまとまっていて、初心者にはありがたいです。

 

本の後半は主に、大恐慌が起きた想定の局面でどういう考え方でどう対応すべきかという点にページが割かれています。今はぶっちゃけピンとこないのですが、実際そういう場面に遭遇したら冷静さを取り戻すためにまた読み返そうと思います。

 

他には、第4章にある資産クラスごとの実質トータルリターン(名目リターン−インフレ率)過去200年のグラフ@米国(と、それに続くグラフ)は「おお〜!!」となること請け合いなので、購入したらぜひチェックしてみてください。

 

おわりに

水瀬ケンイチ著「お金は寝かせて増やしなさい」はインデックス投資の入門書として必要な情報が分かりやすくまとまっていて、前評判通りの良書でした。

 

ちなみに私がほんの数年前に読んだ入門書ですすめられていた商品はもうどれも紹介されていません..当時とは状況が変わり、信託報酬がグンと安くなっています。

基本的な知識と考え方をおさえてからも、商品情報は定期的にアップデートする必要がありますね。

 

最後に余談ですが、著者のような長く投資信託に関わってきた方々のブログは、今からはじめる人はまず使わないであろうブログサービスをそのまま使っていることが多くそれだけ長期でやってきたのだろうなと、時代を感じます。

 

 

おしまい